金星ガニ対モーティマー大佐

最近DVDで金星人地球を征服という50年代のSF映画が発売されたんですね。

金星人地球を征服 [DVD]
ランコーポレーション
2010-07-28

ユーザレビュー:
40年の時を経て、つ ...
作品としても魅力があ ...
コレはビックリ知らな ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 金星人地球を征服 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



金星ガニって名前はたしか大伴昌司さんが怪獣図鑑で名付けたんですたっけ?
図鑑の中でしか知らない怪獣ですね。
まあ厳密には怪獣って言っていいのかわかりませんが
東宝怪獣、ウルトラ怪獣と並んで海外代表としてメタルーナミュータントと共に
2大洋モノスターさんですわ。
ちなみにメタミューはこんな人
画像

あ、今テキトーに描きました。
宇宙水爆戦っちゅう映画で一時期テレビでもよく放映されてたんですが
意外と出番が少ないなー、あと下半身思いっきりズボン履いてるなー
ていうのが観た当時の印象でしたが図鑑との落差もそんなに感じず
さほどガッカリもしなかった事を覚えてます。

しかい、この金星ガニに関しては確か10代の頃にアマチュアの上映会で1シーンだけ観たのですが
「うわ、ハリボテ、、、」
いかにあの図鑑の写真が奇跡の1枚だったという事か。

まあ我々の世代は映像以前に図鑑でしか見たことないというか
図鑑だけのスター怪獣がいっぱいいたんですな。

実際動いてる金星ガニは悲しいという結論は既に出ているのですが
今回わざわざDVD買ったのはこの作品に私にとっての人間のスター
リーヴァンクリーフがでておられるからです。

夕陽のガンマンのモーティマー大佐、かっこ良かったですねー。
リーヴァン先生に比べたらイーストウッドの顔はやさしいよなー。
復讐のガンマンの主人公もモーティマーのまんまですね。
なんでジェンマなんかに殺られるんだ、怒りの荒野。

で、金星人地球を征服のリーヴァン先生。
画像

こういう人ってやっぱ歳とってよかったって思いますね。
妙にまつ毛バチバチでスタイルもいいから気持ち悪いですな。

一方久々に見た金星ガニ先生
画像

今見ると手の動きがペットントンと同じですな。
まあ若い方たちから見りゃ金星ガニもペットントンも一緒か。

そして遂にカニ対ガンマンの決闘。
画像

レオーネ監督ばりにお互いのアップの応酬とはいきませんでした。
ガンマンの片手にはガスバーナー。
この後ガンマンのバーナーが火を吹く(そのまんま)わけですが
それ以前にこの映画結構情け容赦なく人が殺されるんですよ。
意外とハードな展開に昔チラッと見た時の脱力感とは違って
結構楽しめましたね。

なによりリーヴァン先生と金星ガニの対決は日本ならゴジラ対三船、ん、違うな。
ガメラ対勝新、、、ギララ対渥美清、、、うーん
ガッパ対宍戸錠くらいすかね?
とにかく夢の競演ですよ。

あと邦題を「情け無用の金星ガニ、復讐のガスバーナー」にした方がいいんでない?






この記事へのトラックバック