武庫川団地で飲む

早朝室生寺にいた日のその晩、武庫川にいるこの不思議。

大人になって一番行かない所、それは知らない住宅地。
名勝、旧跡、観光地はもちろんいい風景で行く価値もあるのですが
なんて事のない人の日常生活の場に妙に惹かれる事がありますな。

普通の家庭のお茶の間を覗いて寺山修二は捕まってますが
最終的に行き着く所はやはりそこだと実は理解できるのです。

あ、だからって縁もゆかりもない住宅地に覗きに行った訳じゃないですよ。

私のもう長い付き合いになる以前は大阪の怪獣フィギュアのメーカーにお勤めで
今はキャラもののTシャツなど手がけてられる鳴戸さんという方がいるのですが
この人が実に付き合いは広いし連れて来られる押し合いの方たちも
間違いのない方ばかりで私も信頼しているのですが
今回武庫川で飲みませんか?と連絡が来て
なんで?とも思いましたがそれ以上に「面白い」と思ってしまい
この話乗せていただきました。

鳴戸さんの知り合いが武庫川団地付近の方でその飲み会に便乗したのですが
夕方に阪神線武庫川に降りるというシチュエーションがまずいい。
画像

あ、いい写真撮ってないや。
武庫川って川の上に駅があるんですよね。

私は神戸の須磨が生家で阪神電車から山陽電車にかけての(途中に神戸高速も挟みますな)
駅の雰囲気がとても好きで具体的によそとどう違うんだと問われるとこまるのですが
まあ、ちがうんですよ。

今回の行き先は武庫川団地という武庫川から枝線になってる路線にまた乗り換えという
これがまた泣かせますね。用がなけりゃまず乗らない路線です。
この電車を使う生活もあったかもしれないパラレル感でしょうか?
画像

ああ、なんでこんな所に?
予想もしないこの展開、これこそ理想のたびじゃないですか?

武庫川団地といってもかなり大きなマンションも増えてるようですが
廃墟になってると思われる昭和40年代っぽい社宅風の建物も残ってて
そう、よく世間で一括りにされてしまう昭和30年代風景じゃなくて
昭和40年代っぽさこそ我々のツボなんです。(私と鳴戸さん2名?)

飲み会も普段知り合う事もないような教育関係や経営コンサルタントの人
大丈夫か?と思いましたがかなり砕けた感じで
大阪在住の私の中学時代の友達も呼んで
11時過ぎまで楽しく過ごしました。
お店ですが本当に地元の人しか知らないような中華屋さんでした。

で、問題は帰りの電車ですよ。
私は大阪に宿取ってるんですがなにしろここは武庫川から枝線になってるようなとこ。
こんな時間じゃ電車もうないでしょ?と思ってたら。
タクシーで甲子園まで出れば確実だよと言われ、、、
え、甲子園?

まさかあんな時間に甲子園を目の前にするとは思わなかったです。
画像


あと今阪神電車って近鉄とつながってるんですね。
室生寺-平城京-武庫川-甲子園
内容の濃い1日でした。


この記事へのトラックバック