室生寺

やっと涼しくなってきましたんで暑かった8月の事を
振り返る気にもなってきました。

小6で日本には特に奈良、京都にはいい寺があると実感した私は
そんないい寺にできるだけたくさん行けたらという願望はあったのですが
学生は金がない、大人は時間がないというわかりやすい事情で
現在に至るまで行けないままの寺がかなりあるのですね。
で、気が付くとそれほど忙しくなくなってしまった今なら結構行けると。
ついでにもう一事情加えると、年取ったら出掛ける体力がない。
行くなら今しかねーと。

今回まず行ったのが奈良の室生寺。
平城京界隈の寺は簡単に行けますがここは言ってみりゃ山寺
そう簡単には行けません。だから今まで行ってなかったんですよね。
でもそうは言ってもどこかで簡単に考えていたんでしょう。
想像以上に厳しかったです。

まず前日大和八木に宿泊です。
大和八木は藤原京跡の近くで平城京ほどデカい寺は残ってませんが
平城京はたはりビギナー向け、これからは藤原京だと私は勝手に思ってます。(何を?どう?)

私の旅はいつも朝が早いのです。
この日も5時半起き、小さいホテルだったのでフロントのオッサンは迷惑そうでした。
画像

ほとんど人のいない朝の街を見るとああ、旅だなーと実感します。

近鉄線にて20分くらいでしょうか室生口大野駅にて下車。
画像

本来ここからバス、タクシーなんでしょうけど勿論歩きです。
朝の6時台じゃバスなんか出てませんし駅名になってるんだから
距離もたかが知れてるだろうと。
いつもこの考えで結構痛い目に遭ってるんですけどね。

そもそも行く前の室生寺像、駅から道沿いに寺町っぽくなっててそれが2,3キロ続いて
寺に着いてから境内が山の中でそこはちょっときついのかな?くらいのものでしたが、、、

あれ?いきなり結構な自動車道だなー、、、
画像

これは結構遠いぞー。

ちょっと不安になったところで横道にそれる感じで
画像

おお、4,4キロっすか、これでも近道なのでは?と迷わずこちらへ進む。
時間まだ7時です。

早朝で薄暗い山道結構怖いですね。当然誰もいないし、いたらいたでそれも怖いし。
しかも思いつき進んでるからその先がどうなってるかわからんし。
不安だ。
画像

しかも虫多いし、メタリックのきつい小型のコガネムシがやたらいるんです。
なんか死体でも近くにあるようなやな感じ。
案の定ありました。
森の中どなたか腹を下した方が投下したブツが。
メタリックなスカラベ共にはサイコーのご馳走です。(画像なしです、当然)
あー自分もここで野たれ死んだらあいつらに食われるんか?
あとなんか凄い小さいカエルがピョコピョコしてるし、、、
よく見たらちっさいオッサンちゃうんの?
大自然バンザイ、、、

歩くこと1時間半、結局一山越えてました。
山道を下って向こう側に建物らしき物が見えて一安心と思ってたら
何じゃこりゃ?
画像

し、閉まってる!今まで来た道戻れってか?
もしかして高圧電流流れてる?

よく見りゃ勝手に開けろって、その代わり開けたら後ちゃんと閉めてね、だって。

ここからさらにずーっと下って行ってやっと室生寺です。
画像

駅から徒歩約1時間50分。
実際にはそうたいした事もなかったのですがまさか山ひとつ越えるとは
思ってなかったので心の準備がなかった分ちょっと怖かったです。

あ、室生寺自体は大変いいもん見さしていただきました。
仏さんは写真撮れないのがいつもながら残念です。

帰りは勿論バスですよ。
あの道疲れる以上になんか怖かったです。
小学生みたいな事言ってますよ。

この記事へのトラックバック